〒166-0002
東京都杉並区高円寺北2-18-10
※高円寺北口から約5分 ※不定休 
covert.amleteron (at) gmail.com 
  

※こちらではおもに営業予定日、日々のよしなしごと、イベント予定などを掲載しています。
商品紹介や新入荷情報はFacebookページにて。

2014/09/28

幻影が掻き消えてしまう前に







◎ 9月29日(月)のオープンは14:00〜20:00 予定です。

◉ 9月30日(火)のオープンは14:00〜20:00 予定です。

◎ 10月1日(水)のオープンは14:00〜20:00 予定です。

◉ 10月2日(木)のオープンは15:00〜20:00 予定です。

※10月3日(金)はお休みです。

 10月4日(土)のオープンは12:30〜20:00 予定です。

 10月5日(日)のオープンは12:30〜20:00 予定です。







【幻のレコードジャケット】展
◉9月19日(金)〜30日(火)
 14:00 〜20:00(土日祝は12:30〜)

◉死んだ伯父さんの遺品にあった傷だらけのレコード。
そのレコードジャケットはどんなものだったのか。

◉8人のアーティストが「幻のレコードジャケット」に思いを巡らせました。

◉詳細 → 

◉Facebookではご参加いただくアーティストのご紹介などもしています(Facebookに登録していない方でも見られます)。→ 







【 幻影が掻き消えてしまう前に 】

Amleteronオリジナルの香りのミストの名前に「」(ひびき)という名前をつけていたり、
ライブイベントのタイトルに「afterglow」とつけたり、
共振とか共鳴だとか、水面に投じた石が作り出す波紋のような事象が好きです。
響く影。
特別意識していなかったのですが、
「幻のレコードジャケット」展もやはりそこに共通していました。
8人のアーティストが追い
16人の方々が夢想した「伯父さん」の幻影はあと2日で掻き消えてしまいます。

↑営業予定時間に20:00まで予定としていますが、
残り2日間、21:00過ぎまで開けていますので、
どうぞ見にいらしてください。

…………

今年は金木犀が香るのがずいぶんと早いように感じます。
金木犀の香りはとても強く、
その姿が見えないにも関わらず、
遠くにおいが届き、大きく深呼吸してその香りを感じていても
あっというまに花散り、桜よりも幻のような花だな。と感じます。


2014/09/24

それは幻なのか、ここにあるのかいないのか








◎ 9月25日(木)のオープンは14:00〜20:00 予定です。

◉ 9月26日(金)のオープンは14:00〜20:00 予定です。

◎ 9月27日(土)のオープンは12:30〜15:30 予定です。

◉ 9月28日(日)のオープンは12:30〜20:00 予定です。

◎ 9月29日(月)のオープンは14:00〜20:00 予定です。

◉ 9月30日(火)のオープンは14:00〜20:00 予定です。








【幻のレコードジャケット】展
◉9月19日(金)〜30日(火)
 14:00 〜20:00(土日祝は12:30〜)

◉死んだ伯父さんの遺品にあった傷だらけのレコード。
そのレコードジャケットはどんなものだったのか。

◉8人のアーティストが「幻のレコードジャケット」に思いを巡らせました。

◉詳細 → 

◉Facebookではご参加いただくアーティストのご紹介などもしています(Facebookに登録していない方でも見られます)。→ 







【 それは幻なのか、ここにあるのかいないのか 】

なにか展覧会が開かれる時、出展されているものの一部などが
フライヤーやwebで公開されていることがよくありますが、
今回のこの「幻のレコードジャケット」に関しては、
それぞれアーティストが個人的にその断片を掲載しているほかは
どこにも作品の写真を掲載していません。
写真撮影もお断りしています。
また、選曲していただいた曲に関しても
どなたがどんな曲を選ばれたかは公表していません。

それは「幻」だからです。

そうしてやはりここにあるライブ感をたいせつにしたいからです。
実際、初日から変化している部分もありますし、
ここはギャラリーではありませんので、
展示されている以外のものにも変化があります。
また、いらっしゃる時によって流れている曲も違います。

「幻のレコードジャケット」展、来週、そして今月いっぱいの30日(火)まで開催中です。
ぜひとも足をおはこびいただき、それぞれの「幻のレコードジャケット」と、
そのストーリーをのぞきにいらしてください。

Facebookにご参加いただいているアーティストのご紹介を載せています。
Facebookに登録していない方でも見られます。







2014/09/20

「幻のレコードジャケット」の曲







◎ 9月21日(日)のオープンは12:30〜20:00 予定です。

◉ 9月22日(月)のオープンは14:00〜20:00 予定です。

◎ 9月23日(火)のオープンは12:30〜20:00 予定です。

◉ 9月24日(水)のオープンは14:00〜20:00 予定です。

◎ 9月25日(木)のオープンは14:00〜20:00 予定です。

◉ 9月26日(金)のオープンは12:30〜20:00 予定です。

◎ 9月27日(土)のオープンは12:30〜15:30 予定です。

◉ 9月28日(日)のオープンは12:30〜20:00 予定です。









【幻のレコードジャケット】展
◉9月19日(金)〜30日(火)
 14:00 〜20:00(土日祝は12:30〜)

◉死んだ伯父さんの遺品にあった傷だらけのレコード。
そのレコードジャケットはどんなものだったのか。

◉8人のアーティストが「幻のレコードジャケット」に思いを巡らせました。

◉詳細 → 

◉Facebookではご参加いただくアーティストのご紹介などもしています(Facebookに登録していない方でも見られます)。→ 







【 「幻のレコードジャケット」の曲 】

19日(金)より始まっています、「幻のレコードジャケット」展、
ご参加いただいたアーティストたちが、
このストーリーからさらにどんなストーリーを展開されて
このレコードジャケットを描かれたのか、
想像するのがまたとてもおもしろいことになっています。

「ぼく」や「伯父さん」、「手紙のぬし」、、、、
特に「伯父さん」の性格や、職業、交友関係、
さらには、いつのことなのか?どこの国のはなしなのか?
そうしてこの「幻のレコードジャケット」はどんな内容のレコードだったのか…。

そう。どんな内容のレコードだったのか。

今回、イラストの展示ではありますが、
別の形でご参加いただいた方々がいらっしゃいます。
「傷だらけで針がとびとびに断片的にきかせてくれた」レコードにどんな曲が入っていたのか?
自分でストーリーを考えておきながら、ずっと疑問に思っていました。
そうして、きこえないけどきこえてくる音楽がそこにはありました。
だけど、やっぱりきこえていません。

そこで、いろいろな方に連想して1曲ずつ選曲していただくことにしました。
会期中、店内で流しています。

会期直前の突然のお願いに、
直感で選んだ方、熟考を重ねられて選んだ方、
変化球とも言えるものを選んだ方などなど、、、
イラストでご参加いただいた方同様、
それぞれとても個性的な選曲をしていただきました。

「幻のレコードジャケット」展、ぜひとも音でもお楽しみください。

*愛すべき選曲者のみなさま(ありがとうございます!)

◉青山円(絵を描く人)
◉アメダリョウヘイ(Wool Strings / Sea Song label)
◉小出ゆきみ(リヴル・アンシャンテ)
◉関龍太郎(神主/DJ)
◉田仲昌之(fete musique)
◉藤本徹(詩人)
◉フタキダイスケ(トルネード竜巻)
◉松本従子(ノアルイズ・マーロン・タイツ/MISOLA)
◉路川敬(映像ディレクター)
◉M!DOR!(コラージュアーティスト)
◉ムスプス(DJ/グラフィックデザイナー)
◉森本泰弘(森本書店)
◉山本アマネ(イラストレーター)
◉ルーシー(レコードが好きな人)
◉wataq(コラージュ/イラスト)
◉アマヤフミヨ(Amleteron)




I can never ever thank you enough.
明日もお店のあかりを灯してお待ちしております。

2014/09/13

ライブ感





◉ 9月14日(日)のオープンは12:30〜17:00 予定です。

◎ 9月15日(月)のオープンは12:30〜20:00 予定です。

◉ 9月16日(火)のオープンは15:00〜20:00 予定です。

◎ 9月17日(水)のオープンは14:00〜20:00 予定です。

◉ 9月18日(木)のオープンは15:00〜20:00 予定です。

◎ 9月19日(金)のオープンは14:00〜20:00 予定です。
※「幻のレコードジャケット展」は19日から

◉ 9月20日(土)のオープンは12:30〜20:00 予定です。

◎ 9月21日(日)のオープンは12:30〜20:00 予定です。







【幻のレコードジャケット】展
◉9月19日(金)〜30日(火)
 14:00 〜20:00(土日祝は12:30〜)

◉死んだ伯父さんの遺品にあった傷だらけのレコード。
そのレコードジャケットはどんなものだったのか。

◉8人のアーティストが「幻のレコードジャケット」に思いを巡らせました。

◉詳細 → 

◉Facebookではご参加いただくアーティストのご紹介などもしています(Facebookに登録していない方でも見られます)。→







【 ライブ感 】
以前に「その日その時その場所で」というエントリーでも書いたのですが、
このお店の商品についてあまりここに書いていなかったりするのは、
実際にお客さまに足をおはこびいただきたいからです。
例え商品について何か書く日があったとしても、足をはこんでいただきたい思い、願いは同じです。


同じ物でも別の日に遭遇して、違う気持ちになることもあるでしょう。
そんなふうにして、以前気にならなかったものが
別の日に気になったりすることがあるかもしれません。
時々、こないだ来た時にあった◯◯はないんですか?
などと聞かれることもあります。
以前にはあったものは残念ながらもうなくなってるかもしれませんし。
以前なかったものが新しく入っていることもあるかもしれません。
探していたものと不意にここで出会うこともあるかもしれません。
実際に、これ、探していたんです!
と、これまでに何度となく、嬉しいお声を聞くこともありました。
同じ時に居合わせた別のお客さまとおもしろいことがあるかもしれません。
いや、ないかもしれません。
わたしが鼻歌をうたっているところに遭遇することがあるかもしれません。
いや、何か悪いことがあってしょんぼりしていることもあるかもしれません。


インターネットなどで通信販売は便利でわたしも時々利用しますし、
それを否定するつもりはまったくありません。
だけれど。
通信販売やYouTubeで音楽をきいたりだとか青空文庫で何かを読んだりするのとは違って、
自分の目で実際に見聞きしないと、知り得ないことはたくさんあると思います。




2014/09/08

magic of the music pours





◎ 9月9日(火)のオープンは14:00〜20:00 予定です。

◉ 9月10日(水)のオープンは14:00〜20:00 予定です。

◎ 9月11日(木)のオープンは14:00〜20:00 予定です。

◉ 9月12日(金)のオープンは14:00〜20:00 予定です。

◎ 9月13日(土)のオープンは12:30〜20:00 予定です。

◉ 9月14日(日)のオープンは12:30〜17:00 予定です。

◎ 9月15日(月)のオープンは12:30〜20:00 予定です。





【幻のレコードジャケット】展
◉9月19日(金)〜30日(火)
 14:00 〜20:00(土日祝は12:30〜)

◉死んだ伯父さんの遺品にあった傷だらけのレコード。
そのレコードジャケットはどんなものだったのか。

◉8人のアーティストが「幻のレコードジャケット」に思いを巡らせました。

◉詳細 →












【 magic of the music pours 】
どんな時に音楽を聴くでしょうか?
通勤や通学の途中で。
友人が家に来たときに何人かで。
寝る前のひとりの時間に。


もしくは。
読書や、誰かに手紙を書く時に、
音楽をかけながら(ききながら)、っていうことがあると思います。


オープン当初より、細々とCDも販売しています。
  ( …… 先日、初期よりいらしてくださっているお客さまから
    えっ!?知らなかった!と言われて軽くショックを受けました。
    お店のレーベル Bela MuzikoからHonoka Sakaiのアルバム
も出しています……!!)


そのどれもは、本を読む時や誰かに手紙を書く時など
つまりは少し集中する際に聴くのにぴったりで、
だけれど、あたりさわりのないバッグ・グラウンド・ミュージックとは違って、
本の中のできごとに没頭していたり、
手紙の相手など
誰かを思いながら何気なくかけていたとしても、
聴いているとはっとさせられ、心にその音楽が刻み込まれるようなものばかりです。

そうして「ながら聞き」ではなく、
その曲にふと心を奪われじっと耳をかたむけることもあるでしょう。

読書の合間に、
もしくは誰かを思いながら。

これがレコードだったら。
ジャケットからレコードを取り出し、回るレコードに針を落とす。
針が溝をなぞりやがて音楽が。
時々ほこりなどでちりちりといったノイズ音。
A面が終わり、針をあげて裏を返す。
再び針を落とす。
そうしてふと気づくと、すべてが終わり、
レコードの針がぷつりぷつりと回り続けるレコードをなおもなぞっている音がきこえてくる。

読書の合間に、
もしくは誰かを思いながら。


DJとしても活躍しているルーシーによりセレクトされたレコードの数々は
このAmleteronから発信したい、ご提案したいレコードばかり。

そのどれもが、ぐっと胸に響くような音楽の数々であり、
さらに、ジャケットのグラフィックの美しいものばかりで、
聴くのはもちろんのこと、飾っておいても心嬉しくなり、
読書や、手紙を書く合間になにか思いをはせるのにぴったりなレコードです。

レコードを聴いてみませんか。

読書の合間に、
もしくは誰かを思いながら。

秋の夜、窓の外に見える月明かりをたよりに。
冬には外気の冷たさをよそにあたたかい部屋で。
早起きをした春の朝に。
夏、陽炎の中から生還したように帰って来た日に。
いつしかレコードで聴いた音楽を口ずさんでいる日もあるでしょう。


19日から始まる「幻のレコードジャケット」展
ぼくの伯父さんがたいせつにしまっていたレコードはすでに傷だらけでしたが、
伯父さんにとって、お気に入りのたいせつなたいせつなレコードだったことでしょう。

Amleteronであなたのそんな1枚を探しでみてください。


2014/09/05

幻のレコードジャケット





◎ 9月5日(金)のオープンは14:00〜20:00 予定です。

◉ 9月6日(土)のオープンは12:30〜18:00 予定です。

◎ 9月7日(日)のオープンは12:30〜20:00 予定です。



※9月8日(月)はお休みです。



【 幻のレコードジャケット 】

Amleteronの企画でグループ展を行います。
ご参加いただくアーティストは
どの方もきらりと光る独特のセンスをもった方ばかり。
また、それぞれ違うタイプのアーティストです。

レコードジャケットがテーマ。
というよりも、
このストーリーからみなさんがどのような解釈やさらなるストーリーの肉付けをされるのか、
そうしてそこからどんな作品を作られるのか、
わたし自身、とても楽しみなのとともに、
ぜひともたくさんの方に足をはこんでいただきたいです。


******************************************************************
幻のレコードジャケット


ぼくの伯父さんが死んだ。
その遺品の中にあった1枚のレコード。
それも10インチだ。
日焼けしたスリーブに入ってるレコードは
傷だらけだし、ジャケットもない。
そんなボロボロのレコードは
伯父さんに宛てられたらしい
誰かからの一通の手紙と一緒に
とてもたいせつそうににしまわれていた。
その手紙にはよくわからない言語が書いてあった。

「vi resaniĝos baldaŭ.
tiam mi resanigxos, tro.」

傷だらけのレコードに無理矢理に針を落としてみた。
とぎれとぎれにきこえてくるのは女性のうたごえ?
時々男性のコーラスも入ってる?
このレコードがいったいなんなのか、わからない。
おじさんがたいせつにしていただろうことだけ。
傷だらけで聴くに耐えないレコードだけれど、
それでも針がとびとびに断片的にきかせてくれたその曲に
ぼくは、まるで恋をしたように胸が熱くなった。


******************************************************************

【「幻のレコードジャケット」展 】

伯父さんの遺品にあった
ジャケットのない傷だらけのレコード。
「幻のレコードジャケット」は
いったいどんなものだったのだろう。
8人のアーティストが思いをめぐらせました。


◉会期:2014.9.19(FRI)〜 9.30(TUE)
    14:00〜20:00(土日祝は12:30〜)

◉場所:Amleteron
    〒166−0002 東京都杉並区高円寺北2-18-10
    03-5356-6639

◉参加アーティスト:石原敏行/すずきあさこ/鈴木いづみ/須山奈津希
          多屋澄礼/平出紗英子/平木元/ユカワアツコ

◉選曲者たち →  (「幻のレコードジャケットの曲」)


◉企画:アマヤフミヨ(Amleteron)


◉Flyer design:森あや



























2014/09/02

さよなら夏の日





◉ 9月2日(火)のオープンは14:00〜20:00 予定です。

◎ 9月3日(水)のオープンは14:00〜20:00 予定です。

◉ 9月4日(木)のオープンは14:00〜20:00 予定です。

◎ 9月5日(金)のオープンは14:00〜20:00 予定です。

◉ 9月6日(土)のオープンは12:30〜18:00 予定です。

◎ 9月7日(日)のオープンは12:30〜20:00 予定です。





【 さよなら夏の日 】
8月の終わりから、突然に涼しい日が続いています。
そのためにいつもより秋の匂いを早く感じています。
猫たちも伸びた格好ではなく、香箱をつくっているのを見かけます。
深夜から朝方近くには東の空にオリオン座が現れるようになりました。
これからまだ残暑がやってくるのか?
と半信半疑ながら、
すでにマフラーを巻いて肩をすくめながら歩くことを考えたりしています。

ここAmleteronでは
これまでにお取り扱いのなかった新しい商品のラインナップや
新しいことが少しずつ始まります。