読書と手紙にまつわるお店 アムレテロン
〒166-0002

東京都杉並区高円寺北2-18-10

※高円寺北口から約5分 ※不定休 
covert.amleteron (at) gmail.com 
  

※こちらではおもに営業予定日、日々のよしなしごと、イベント予定などを掲載しています。
商品紹介や新入荷情報はFacebookページにて。

2015/06/09

Furthermore,and more,it continues.




■ 営業日、時間の予定 ■



 6月9日(火)14:00〜20:00

◎6月10日(水)14:00〜20:00

 6月11日(木)14:00〜18:30

◎6月12日(金)14:00〜20:00

 6月13日(土)12:30〜20:00

◎6月14日(日)12:30〜20:00


 6月15日(月)15:00〜19:00

◎6月16日(火)14:00〜20:00

 6月17日(水)14:00〜20:00




【10年メモ 2015年版 】
10年メモ。
今年はアイリッシュリネンによるとても美しい風合いの装丁です。
紺、くちなし、レンガ、グリーン、黒の5色。

10年メモ、日記ではなくて、メモ。
使い方はさまざま。どうです?
はじめる時期もさまざまで、
4月からではなく、
自分の誕生日やお子さんが産まれた日からはじめる、という方も。


◎すでにお使いの方も1冊目とは違う用途で
2冊目をお求めの方もいらっしゃいます。
(かく言うわたしも、違う用途で2冊目を今年から始めます)

◉詳細(昨年の紹介テキストです) → 
◉Facebookでも紹介しています → 





■  ■【言葉と香りのWS vol.12,13】 ■  

自分の好きな文章の1節を元に香りのミストを作る、
という、とても刺激的なWSです。

7月3日(金)19:00〜 お申込み受付中

7月4日(土)9:30〜 満席

◉詳細 → 



【 Furthermore,and more,it continues. 

ミナ ペルホネンというアパレルブランドにまだ「ペルホネン」と付いていない頃でした。
皆川さんがブランドを最低でも100年続けるつもりでやっている。
というようなことをお話されたことがありました。
自分が死んだ後も続ける?
そのひとことを聞いてすぐにはどういうことか飲み込めませんでした。
それは
自分がたとえいなくなっても継承されていく洋服作りをしよう。
ということでした。
自分がいる間にできることをやって、継いでゆく人たちがその後を作っていく、
ということでもありました。
それは皆川さんが長距離走者だった頃、駅伝を走るときの感覚とも似ているのだそう。
たすきを受け取り、たすきを受け渡す間に自分のできる走りをする。ということ。
その後も何度となくこの100年の話をしている皆川さん。
ミナ ペルホネンはそうして、今年創立20年を迎えたそうです。

大切にしている願望を持ち続けること、もしくはその願望を大切にすること。
そしてそれを実行すること。
先日まで開催されていた展示会では、
さまざまなプロダクトを作る上でのそういった信条も掲げられていました。
……………

継いで行くこと。
新しいものを生み出すだけでなく、
これまでのやり方が変わることもあれば
時には綴り合せることもあるでしょう。
そうして、少しずつ形や模様が変化しながらも、継いで行くこと、
継いで行くことで続けること。
それは、洋服だけではなくさまざまなことに言えます。
わたしは、物を作り出すことに従事していませんが、
作り出された良いものを継ぐことを使命としています。


昨年も「まだまだ」と書いていましたが、まだまだ、まだまだです。
Amleteronはこの6月9日で、丸2年が経ちました。
わたしも「ここからはどう走ろう」。
いえ、たぶんわたしの場合は歩いています。
近しい友人には何度となくこぼしてしまっていることですが、
これまでにないほどの孤独感と同時に
これまでにないほどのひとりじゃないことのありがたみを感じでここまできました。



まだ歩きます。
いつもありがとうございます。
これからもまたどうぞよろしくお願いいたします。